ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
ヴァルター・グロビウス
1883-1969   ドイツ 建築家
最も偉大な現代建築家。
特に都市計画問題に関しては啓蒙的な役割を担っている。
1911年に建てたファグス工場で、グロビウスの新しい考えがはっきりと現れて、ワイマールのバウハウス設立とともに、グロビウスの革命が始まる。
建築の洗練と実用的な面は、彫刻や装飾美術まで、あらゆる芸術上の訓練の融合でなければならないとし、芸術と工業の融合を目指した。


1883年、ベルリン生まれ。ベルリンのシャルロッテンブルク大学とミュンヘンの大学で建築を学ぶ。
1907年、ペーター・ベーレンスの助手になる。
1910年、ベルリンで独立。ワイマールのザクセン大公立美術学校と工芸学校の校長となる。
1918年、この美術学校と工芸学校を統合し、国立バウハウスとした。
1925年、ナチスの圧力で、バウハウスをデッサウに移転。
1928年、やはり、ナチスの圧力で、校長職の辞任
その後、イギリスへ渡り、マクスウェル・フライと仕事をする。
1937年、アメリカへ渡る。ハーヴァード大学の教授に任命される。
1946年、ケンブリッジにTAC(建築家共同設計体)を設立。
アメリカとローマに事務所を持っていた。
1969年、ボストンで没す。


主要作品
ファグス工場(アドルフ・マイヤーとの共同設計)
バウハウス校舎(デッサウ)
テルテン宿舎(デッサウ)
インピントン・カレッジ (ケンブリッジシャー)(マックスウェル・フライとの共同設計)
グロビウス邸(リンカーン、マサチューセッツ州)(マルセル・ブロイヤーとの共同設計)
ハウレット・ハウス(ベルモント、マサチューセッツ州)


残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
グロビウスの美術館リンク
ニューヨーク近代美術館 MoMA  
コートールド美術研究所  ロンドン

和書
洋書

20世紀に戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学