ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
エドワード・ジョン・ポインター
(1836-1919)
イギリス  ヴィクトリアン古典主義画家、 ラファエル前派
パリ生まれ。
父は建築家。曾祖父は彫刻家でアカデミー会員のトマス・バンクス。

1853年から54年、ローマに滞在し、そこでレイトンと出会う。
1956年、パリに渡り、グレールから学ぶ。
1960年にイギリスに戻る。新古典主義的な歴史画を発表したり、サウス・ケンジントン美術館などの室内装飾も手がけている。

当初、古代エジプトから想を得た作品が続くが、次第に古典古代の世界へと行った。

スレイド美術学校校長、ナショナル・ギャラリー館長、ロイヤル・アカデミー会員などの功績も大きい。

エジプトのイスラエル人
1867  137.16 x 317.50 cm
カタパルト(投石機)
1868  155 x 183 cm  Laing Art Gallery, Newcastle-upon-Tyne, England

ヴィラの片隅で

アンドロメダ
1869

Tate Gallery, London

テラスにて
Walker Art Gallery, Liverpool, England

読書 
1871

エロスとプシュケ
1882

Oil on canvas

Walker Art Gallery, Liverpool, England

エンディミオン
1901

Manchester City Art Galleries, Manchester, England

嵐のニンフの洞窟
1903

Oil on canvas,  57 x 43 in

Private Collection

引き潮
1913

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学