ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
ミケランジェロ・ヴォナローティ  2
Michelangelo Buonarroti (1475-1564)
イタリア  盛期ルネサンス  

ミケランジェロ トップに戻る
創世記の物語  預言者  巫女   メダイヨン  スパンドレル  リュネット   最後の審判

システィーナ礼拝堂   創世記の物語
  天井画全体の中心になっているのが、「創世記」である。

光と闇の分離

天地創造は創世記第一章に書かれている。

神は六日間で世界を創った。第一日目、神は光と闇を創った。次に海と空を分けた。四日目に空に太陽と月を置き、五日目に動物を創った。

そして六日目に自分自身をモデルに人間を創った。7日目、神は自分の仕事が終わったことを確認し、祝福し、休息をとった。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 光と闇の分断 ミケランジェロ システィナ礼拝堂 光と闇の分離 部分

天体の創造
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 天体の創造
ミケランジェロ 天体の創造 部分  ミケランジェロ 天体の創造 部分

空と水の分離
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 空と水の分離  ミケランジェロ 空と水の分離 部分

アダムの創造  1511−12
アダムとイヴ
創世記には神が最初の男と女を創ったことが書かれている。

アダムの創造
神は粘土でアダムを創り、命を吹き込んだ。楽園エデンの園を世話させるために、アダムをエデンの園に住まわせた。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 アダムの創造
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 アダムの創造 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 アダムの創造 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 アダムの創造 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 アダムの創造 部分
システィーナ礼拝堂  アダムの創造 1511−12

エヴァの創造
創世記2:21−24
神はアダムのあばら骨からイヴを創った。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 エヴァの創造  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 イブの創造 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 イブの創造 部分

原罪と楽園追放
神はアダムとイヴに楽園にあるどの木の実も食べて良しとした。ただ、知恵の木の実だけは、食べることを禁じた。

地上で一番こうかつな蛇が、イヴに神の命令にそむいて、禁じられた知恵の実を食べるようすすめた。イヴはそれを食べて、アダムにも食べるよう勧めた。

人間が最初に犯した罪なので、原罪といわれる。
神はアダムとイヴの行為を強く非難し、楽園から追放した。
アダムとイヴは楽園の東側に住むようになった。楽園にもう一つの重要な木があった。それは命の木で、神は智天使ケルビムを派遣し、回る炎の剣を置いて、二人がその木の実をも食べないよう用心した。
絵画では、剣を持ったケルビムがアダムとエヴァを追い払うシーンなどで描かれる。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 原罪と楽園追放
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 原罪と楽園追放 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 原罪と楽園追放 部分   システィーナ礼拝堂  原罪と楽園追放

ノアの煩祭(はんさい)
創世記6:9

古代イスラエルの国に、ノアという正しい人がいた。彼には三人の子供がいて、その名をセム、ハム、ヤペテといった。

神は人間の堕落した様子を見て怒り、彼らを全滅させることにした。しかし、その中にいた、正しく潔白なノアは別であった。

神はノアに箱舟を作るよう命じた。そして、その中にノアの家族と、七組の儀式に使う動物のつがい、一組の不浄な動物のつがい、そして七組の鳥のつがいを入れることを命じた。

その後、洪水が起こった。それは百五十日間続き、罪深いアダムとイヴの子孫を全滅させた。

その後、雨が止んだ。水が引くまで、百五十日かかった。そして箱舟はアララト山(トルコ東部の山)に止まっていたが、箱舟の外に出られなかった。

四十日後、ノアの家族は鳩を飛ばした。しかし、鳩はすぐに戻ってきた。乾いた土地が見つからず、休む場所がなかったからである。

一週間後、もう一度鳩を飛ばした。くちばしにオリーヴの葉を加えて戻ってきた。それは、土地が乾きだした証拠である。

翌週、もう一度鳩を飛ばした。鳩は帰ってこなかった。水が完全に引いたのである。

箱舟を出たノアとその家族たちは祭壇を築き、神にいけにえとして、動物をささげた。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの煩祭
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの煩祭 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの煩祭 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの煩祭 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの煩祭 部分

大洪水
世記6:9

古代イスラエルの国に、ノアという正しい人がいた。彼には三人の子供がいて、その名をセム、ハム、ヤペテといった。

神は人間の堕落した様子を見て怒り、彼らを全滅させることにした。しかし、その中にいた、正しく潔白なノアは別であった。

神はノアに箱舟を作るよう命じた。そして、その中にノアの家族と、七組の儀式に使う動物のつがい、一組の不浄な動物のつがい、そして七組の鳥のつがいを入れることを命じた。

その後、洪水が起こった。それは百五十日間続き、罪深いアダムとイヴの子孫を全滅させた。

その後、雨が止んだ。水が引くまで、百五十日かかった。そして箱舟はアララト山(トルコ東部の山)に止まっていたが、箱舟の外に出られなかった。

四十日後、ノアの家族は鳩を飛ばした。しかし、鳩はすぐに戻ってきた。乾いた土地が見つからず、休む場所がなかったからである。

一週間後、もう一度鳩を飛ばした。くちばしにオリーヴの葉を加えて戻ってきた。それは、土地が乾きだした証拠である。

翌週、もう一度鳩を飛ばした。鳩は帰ってこなかった。水が完全に引いたのである。

箱舟を出たノアとその家族たちは祭壇を築き、神にいけにえとして、動物をささげた。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの洪水
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 洪水 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 洪水 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 洪水 部分

ノアの泥酔
ノアに関して、もう一つのエピソードがある。名画にもよく登場する。

洪水の後、ノアはワインを造る方法を見つけた。ある日、ワインを飲みすぎて、裸のまま寝てしまった。

彼の息子ハムは他の兄弟を連れてきて父親を笑った。

しかし、セムとヤペテは父親の裸を見ないように、後ろ向きで歩いて父親に近づき、着物をかけてやった。

父親のノアは、ハムの無礼な行為を怒り、ハムに対して「お前の兄弟の奴隷達の奴隷として仕えろ」と呪いをかけた。
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの泥酔
ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの泥酔 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの泥酔 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの泥酔 部分  ミケランジェロ システィナ礼拝堂 創世記 ノアの泥酔 部分


ポスターはこちら


ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学