ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
カジミール・マレーヴィチ
ポスターはこちら
Kasimir Malevich ( 1878-1935)
ロシア   シュプレマティズム、キュビズム

キエフ生まれ。新印象主義、フォービズム、キュービズムを経て、1913年、モスクワでシュプレマティスムを提唱。モンドリアンとともに、純粋に幾何学的な抽象表現の画家となる。
1909年「ダイヤのジャック」展などで、レジェ風にチューブ様のキュビズムで注目される。
ロシア未来派として活躍。
ロシア革命でも急進的な姿勢で、国立自由工房で教えていた。

マレーヴィチ 「きこり」1912  94 x 71.5 cm  アムステルダム市立美術館

マレーヴィチ 「 降雪後の村の朝 」 1912  80.7 x 80.8 cm グッゲンハイム美術館 ニューヨーク

マレーヴィチ 「 刈り取る人 赤地 」 1912-13  Oil on canvas  115 x 69 cm  ゴウキ美術館

マレーヴィチ 「 黒い円形 」 1913 (1923-29) 105.5 x 105.5 cm.  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「 黒い正方形 」 1913 (1923-29)  106.2 x 106.5 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「 M・V・マチューシンの肖像 」 1913   106.5x106.7cm トレチャコフ美術館  モスクワ
   マチューシンは、マレーヴィチとともに未来派オペラ「太陽の征服」を制作した音楽家、美術家。

マレーヴィチ 「 飛行士 」 1914  125 x 65 cm  トレチャコフ美術館 モスクワ

マレーヴィチ 「 モスクワのイギリス人 」 1914  88 x 57 cm  アムステルダム市立美術館  オランダ

マレーヴィチ 「 第一級の軍人 」 1914  Oil and collage on canvas  53.6 x 44.8 cm  ニューヨーク近代美術館MoMA

マレーヴィチ 「 赤と黒の正方形  シュプレマティズムのコンポジション 」1915  Oil on canvas  71.4 x 44.4 cm  ニューヨーク近代美術館MoMA

マレーヴィチ 「 赤い正方形  二次元における農婦の絵画的リアリズム 」1915  Oil on canvas  53 x 53 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「 シュプレマティズムのコンポジション 」1915  Oil on canvas  70 x 47 cm  Fine Arts Museum, Tula 

マレーヴィチ 「 シュプレマティズム 」1915 Oil on canvas  87.5 x 72 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「 シュプレマティズム  飛行機 」1915 Oil on canvas  57.3 x 48.3 cm  ニューヨーク近代美術館MoMA

マレーヴィチ 「 シュプレマティズムー 2次元における自画像 」 1915  Oil on canvas  80 x 62 cm  アムステルダム市立美術館  オランダ

マレーヴィチ 「シュープレマテスト・ペインティング 」 1915-16 Oil on canvas  49 x 44 cm  Wilhelm Hack Museum ルートヴィヒスハッフェン  ドイツ

マレーヴィチ 「シュープレマテスト・ペインティング 」 1916 Oil on canvas 88 x 70 cm  アムステルダム国立美術館  オランダ

マレーヴィチ 「シュプレマティズム (スプレムス56番) 」1916  Oil on canvas  80.5 x 71 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「シュプレマティズム (スプレムス58番 黄と黒)」1916 Oil on canvas  79.5 x 70.5 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「シュプレマティズム」1916-17 Oil on canvas 80 x 80 cm  クラスノダール美術館 、クラスノダール  ロシア

マレーヴィチ 「シュプレマティズム ペインティング」1917 Oil on canvas 96.5 x 65.4 cm ニューヨーク近代美術館

1920年代後半
「白の上の白」を描いた後、ペンは絵筆よりも鋭利であると宣言。「絵画の死」を主張した。
その後、象徴性のある具象的な絵画を描いた。

マレーヴィチ 「複雑な予感 (黄色のルパシカを着た半身像)」1928-32 Oil on canvas 99 x 79 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク

マレーヴィチ 「走る男」1932-34 Oil on canvas  79 x 65 cm  国立近代美術館  パリ

マレーヴィチ 「自画像」 1933 Oil on canvas  73 x 66 cm  ロシア美術館  サンクト・ペテルブルク


ポスターはこちら


20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学