ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
クロード・ロラン
ポスターはこちら
Claude Lorrain (1600-1682)
フランス  バロック、古典主義

シャンパーニュ地方出身。少年期からイタリアへ行き、生涯のほとんどをローマで過ごした。

プッサンと同時代人。そして、プッサン同様、生涯のほとんどをローマで過ごし、フランス古典主義を成立させた。

ナンシーの近く、シャマーニュに生まれた。ロレーヌ地方出身だったので、「ロラン」という。本名はクロード・ジュレ。

12歳のころ、両親を失う。プッサンよりずっと早くにローマに行き、菓子職人の見習いをしていた。

プッサンとロランは、互いを尊敬しあい、仲がよかった。

ロランは、スペイン国王をはじめ、ヨーロッパの君主などからの注文が入るようになり、名声が高くなった。

すると、偽作が出回るようになってしまう。ロランは自分の作品の模写を作り、保存することにした。それは後に『真実の書』と名づけられた。

カンポ・ヴァチーノ
1636  56 x 72 cm  ルーヴル美術館

ヴィラ・メディチのある港
1637  102 x 133 cm  ウフィツィ美術館 フィレンツェ

クロード・ロラン 「聖パウラが上陸するオスティアの港」1637-39   211 x 145 cm  プラド美術館、マドリッド

クロード・ロラン 「トビアスと天使のいる風景」1639-1640   211 cm x 145 cm  プラド美術館、マドリッド

クロード・ロラン 「モーセの発見」1639-1640   209 cm x 138 cm  プラド美術館、マドリッド

聖ウルスラが上陸する風景
1641  113 x 149 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

クロード・ロラン 「踊るサテュロスとニンフのいる風景」 1641
クロード・ロラン 「踊るサテュロスとニンフのいる風景」 1641

タルスに上陸するクレオパトラのいる風景
1643  119 x 170 cm  ルーヴル美術館

船に火をつけるトロイアの女のいる海景
1643  105 x 152 cm  メトロポリタン美術館 、ニューヨーク

クリュセイスを父親に返すオデュセウスのいる港の風景
1648  119 x 150 cm  ルーヴル美術館

クロード・ロラン 「海港 シバの女王の船出」 1648|148 x 194 cm|ロンドン・ナショナル・ギャラリー
*

アキスとガラティアのいる風景 
1657  100 x 135 cm  ドレスデン国立絵画館

アポロとメルクリウスのいる風景
1660  74,5 x 110,5 cm  ウォーレス・コレクション、ロンドン

クロード・ロラン 「ハガルとイシュマエルの追放のある風景」1668   107 x 140 cm  アルテピナコテーク、ミュンヘン

クロード・ロラン 「ハガルと天使のいる風景」1668  106,4 x 140 cm アルテピナコテーク、ミュンヘン
.


ポスターはこちら


バロックへ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学