ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権
アーティスト・インディックス Artist INDEX
      |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      | | その他


ゴッホ
Vincent van Gogh(1853−90)
オランダ   後期印象派

Self-Portrait
1889
Oil on canvas、25 1/2 x 21 1/4 in. (65 x 54 cm)
Musee d'Orsay, Paris
ゴッホは自画像を多く描いた画家である。この「自画像」は、純粋性と、リアリズムという点で、際立っている。

1889年、アルルでの発作のあと、ゴッホはサン・レミの精神病院に入院した。弟の経済的支援のおかげで、個室に入ることができ、アトリエも持つことができた。

ゴッホのこの自画像は、次にくる深刻な発作の6週間後、1889年9月に描かれた。

彼の悲惨な状況にもかかわらず、「自画像」には威厳に満ち、強い精神力を感じる。

目の下の緑は鮮やかで、我々の目を、ゴッホの射抜くような目にひきつけるのである。

この目は、まっすぐであるが、暗い。眉は水平の線が入り、目のあらゆる細部が、はっきりと描写されている。

表情は不動で、強固な意志を内在させているかのようである。そして、髭の赤と衝突するような、顔の緑は、抑制が効いた表情の下にある激しい情熱を伝えている。

背景は、銀灰色、銀緑色、青により、冷たい色彩の調和である。しかし、ゴッホの頭部は炎が燃えるように描かれ、うまい具合に対比されている。

頭部以外は、非常に抑制の効いた画面になっている。シンプルなベストを着て、白いシャツのボタンはきちんと首もとまで止められている。ポーズも静かで穏やかである。

そんな、抑制の効いた様子で描かれているのに、背景はかき乱した状態である。これはゴッホの心の平安が、実はきわめて不安定であることを暗示している。その区別の状態が、色彩は同じなのに、筆のタッチの違いで表されているのである。

この筆のタッチによって、ゴッホは、色彩に加え、新たな、固有の表現を生み出したのである。弟テオに言った。「二つの補色同士の結婚によって、その混合と対立によって、類似したトーンの神秘的な振動によって」描きたい、と。

ゴッホへ戻る