フュースリー、ヨハン・ハインリヒ 
 (1741-1825)
スイス・イギリス   ロマン派

チューリッヒ生まれ。半生をロンドンで送る。聖職者になるため、神学を学んだ。

しかし、八年間のイタリアでの生活の中が、フューズリーの方向を変えた。

外気にさらされた廃墟の遺跡群、ミケランジェロの作品群に浸ったフューズリーは、ロマン主義に代表されるような、空想的で、中世風な恐ろしげな幻想の世界を主題に絵を描きだした。

シェイクスピアやミルトンが書いた夢のような世界は、フューズリーをとらえた。

寒々とした冷たさを持つ新古典主義の清浄さ、清らかさが覆い隠しているものを描こうとした。無意識の底に沈んだ恐怖を描こうとしたのである。

フューズリーの作品は象徴主義の先駆けでもあり、シュールレアリズムの先駆けでもあった。

 フュースリ 【 悪夢 】  1781 | 101 x 127 cm  | デトロイト美術館
ありえそうな、しかし実際には体験したことのないもの。無意識の領域にある、何か神秘的で、恐ろしいもの、我々が心のどこかで描くあいまいなイメージを、フュスリははっきりと目に見える形に描き込んだ。

『悪夢』は版画で再販され、1920年代、あの心理学者フロイトがウィーンのアパートにそのコピーを飾っていた。

フュースリ 【 若い女性の肖像】  1781 | 101 x 127 cm  | デトロイト美術研究所、ミシガン

フュースリ 【  3人の魔女 ( マクベス1:3 ) 】  1783 | 65 x 91.5 cm  | チューリヒ美術館、スイス
フュースリ 【  3人の魔女 ( マクベス1:3 ) 】  1783 | 65 x 91.5 cm  | チューリヒ美術館、スイス      

 フュースリ 【  夢遊するレディー・マクベス 】  1784 | 221 x 160 cm  | ルーヴル美術館、パリ
    主題解説:文学へ行く

フュースリ 【 洗濯かごの中のフォールスタフ 】  1792 | 137 x 170 cm  | チューリイ美術館、スイス
 フュースリ 【 洗濯かごの中のフォールスタフ 】  1792 | 137 x 170 cm  | チューリイ美術館、スイス

 フュースリ 【 羊飼いの夢 】  1793 | 154.5 x 215.5 cm  | ロンドン・テイト・ギャラリー
 
フュースリ 【 夜明けの孤独 】  1794-96 | 95 x 102 cm  | チューリイ美術館、スイス
 フュースリ 【 夜明けの孤独 】  1794-96 | 95 x 102 cm  | チューリイ美術館、スイス

 フュースリ 【 静寂 】  1799 - 1801   63.5 x 51.5 cm  スイス国立美術館  チューリッヒ

フュースリ 【 短剣を持つマクベス夫人 】  1812  101.6 x 127 cm テイトギャラリー、イギリス



ポスターはこちら



ロマン主義へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学