ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
デュフィ
ポスターはこちら
Raoul Dufy (1877-1953)
フランス  フォーヴィズム
1877年(日本は明治32年) 、ル・アーブルの貧しい家に生まれる。14歳でコーヒー輸入商の店で働かなくてはならなかった。絵画に対する情熱があったので、ル・アーブル市立美術学校の夜間クラスに通った。

1899年兵役についた後、市の奨学金を得てパリへ出た。当初、レオン・ボナのアトリエに入ったが、1904年にそこを離れる。

印象派や後期印象派の影響を受けた作品を描く。故郷ル・アーブルやサント・アドレスの海岸風景を製作し、1901年、サロン・デ・ザルティスト・フランセに出品。

1903年からアンデパンダンに出品し、ベルト・ヴェイル画廊でグループ展を行う。

1905年、マティスの「豪奢・静寂・逸楽」に感銘を受け、フォーヴ運動に参加する。その結果、それまでの画廊との関係を絶つことになってしまった。ヴェイル画廊だけは彼を支持したが、生活は苦しくなっていく。

1909年、ミュンヘンへ旅行。ドイツ表現主義を学ぶ。重厚で暗い表現になっていく。

1910年、経済的困窮をしのぐため、木版画の制作を始める。アポリネールの「動物誌」の30点で、木版画家として名が知られるようになる。

1912年、ブラマンクらとともにレスタックへ旅行。キュビズム風の作風になっていく。

1914年、ポール・ボワレの援助で、モンマルトルに装飾織物の小さな工場を作り、壁掛けを制作。デュフィの芸術は明るくなっていく。

1919年、地中海のヴァンスに滞在する。ここでセザンヌの影響を脱ける。

1921年、サロン・デ・ザルティスト・デコラトゥールに出品。同年、ベルネーム・ジュンヌ画廊で個展を行う。

1922年、熱心な支持者ルーディネスコ氏によって、ようやくデュフィの貧困生活が終わりを告げる。

1923年、スペインの陶芸家アルティガスと陶器の共同制作を始める。

1925年、援助してくれたボワレのため「侵食性顔料」によって壁掛けの制作を行う。旅行もたくさんする。

1926年、シャトレ劇場のバレーの装飾を担当。同時に多くの画廊で個展を開く。

1928年、デュフィの特集号が出たり、デュフィについての本が出版される。

1930年、ボーヴェー織物工場のタピスリーの下絵制作。

1931年〜37年、アルフォンス・ドーデの挿絵制作。

1935年、豪華船ノルマンディー号のプール装飾の下絵。マロジェ発明の絵具媒剤の使用。

このような幅広い芸術活動が挙げられ、フランスを代表する大家となった。

このころリューマチの発作が起こり、デュフィはこの病魔と闘い、乗り越えなくてはならなかった。

1937年、パリ万国博覧会の「電気館」の大壁画「電気の精」の制作が始まる。

1940年まで、動物園の装飾壁画、シャイヨー宮の食堂のための装飾壁画。

1939年、第一次世界大戦勃発。

ドイツの侵入いらい、デュフィは各地を転々として、1950年まで南仏ニース、ペルピニヤンに住む。その間、新しい治療のため、アメリカのボストンへ行き、アリゾナにも滞在。アメリカで展覧会を開く。

1952年、ヴェネツィア第26回ビエンナーレ国際大賞を受ける。

1953年、フォルカルキエで病没。76歳。


≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。≫

デュフィ 「自画像」 1899 | 33.7x41 cm | ル・アーヴル美術館、フランス
デュフィ 「自画像」 1899 | 33.7x41 cm | ル・アーヴル美術館、フランス

《フォーヴィズムからセザンヌの影響まで》
デュフィ 「夕暮れのル・アーヴル港」 1900 | カルヴェ美術館、アヴィニヨン、フランス
デュフィ 「夕暮れのル・アーヴル港」 1900 | カルヴェ美術館、アヴィニヨン、フランス

デュフィ 「トルーヴィルのポスター」 1906 | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス
デュフィ 「トルーヴィルのポスター」 1906 | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「旗で飾られた街」 1906 | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス
デュフィ 「旗で飾られた街」 1906 | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「ピンクの服の女」 1908 | 81 x 65 cm | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス
デュフィ 「ピンクの服の女」 1908 | 81 x 65 cm | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「パドック」 1913 | 81 x 100 cm | ポンピドゥー・センター=国立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「白い騎手」 1914 | 65 x 81 cm | パリ市立近代美術館、パリ、フランス
デュフィ 「白い騎手」 1914 | 65 x 81 cm | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「網と漁師」 1914 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「ル・アーヴルの家と庭」 1915 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「3人の水浴する人々」 1919 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「マルセイユの港」 1922 | ブリュッセル王立美術館

デュフィ 「魚と果物の静物」 1920-22 | ニース美術館

デュフィ 「サンタ・ドレスの眺め」 1922 | バーゼル市立美術館、スイス

デュフィ 「ル・アーヴルの海上祭り」 1925 | 88 x 98 cm | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「ベネチアの眺め」 1925 | ニース美術館

デュフィ 「アンティーブ」 1926 | プーシキン美術館、モスクワ

デュフィ 「ニースの遊歩道 」 1926 | 38 x 46 cm | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「水浴する人々と貝」 1925-27 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「静物」 1929 | エヴァーグリーン美術館、ボルチモア、メリーランド州

デュフィ 「アトリエの画家とモデル、ル・アーヴル」 1929 | デン・ハーグ美術館、オランダ

デュフィ 「ニースを見渡す窓」 1929 | ニューヨーク近代美術館

デュフィ 「ヒンドゥー教徒の女性と室内」 1930 | コペンハーゲン国立美術館

デュフィ 「カモメとレガッタ」 1930 | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「ラヴィアンローズ(バラ色の人生)」 1931 | 21.3x26cm | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「ベー・デ・ザンジェ、ニース」 1930-32 | 21.3x26cm | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「森の騎手」 1930-32 | 21.3x26cm | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「トルーヴィルの家」 1933 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「エプソムの競技場」 1934 | 70 x 130 cm | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「プロムナード・デ・ザングレの窓」 1938 | フィラデルフィア美術館

デュフィ 「アトリエ」 1940 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「ペルピニャンのジャンヌ・ダルク通りのアトリエ」 1942 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「ペルピニャンのジャンヌ・ダルク通りのアトリエ」 1943 | レンヌ美術館、フランス

デュフィ 「ヴェルネ・レ・バンの冬の庭」 1943 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「サンタ・ドレスのビーチ」 1935-46 | ニース美術館

デュフィ 「オーケストラ」 1946 | ロデーヴ美術館、フランス

デュフィ 「赤いヴァイオリン、青の背景」 1946 | ロデーヴ美術館、フランス

デュフィ 「彫像のあるアトリエ」 1946 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「画家のアトリエ」 1947 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「埠頭の花火」 1947 | オワーズ美術館、ボーヴェ、フランス

デュフィ 「フルーツ」 1948 | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「闘牛」 1948 | ファーブル美術館、モンペリエ、フランス

デュフィ 「大音楽会」 1948 | 65x81cm |ニース美術館

デュフィ 「オーケストラ」 1948 | イアサント・リゴー美術館、ペルピニャン、フランス

デュフィ 「赤いヴァイオリン」 1948 | 美術歴史博物館、ジュネーヴ

デュフィ 「赤いヴァイオリン」 1948 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「ボウルと果物の静物」 1948 | パリ市立近代美術館、パリ、フランス

デュフィ 「2つの窓とコンソール」 1948 | ニース美術館

デュフィ 「コンソール」 1946-49 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「赤い彫刻のある画家のアトリエ」 1949 | マルロー美術館、ル・アーヴル、フランス

デュフィ 「赤いオーケストラ」 1946-49 | ミルウォーキー美術館

デュフィ 「埠頭のカジノ」 1950 | ニース美術館

デュフィ 「黒い貨物船」 1950 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「黒い貨物船」 1952 | 80 x 50 cm | リヨン美術館

デュフィ 「サン・タドレスの黒い貨物船」 1948-52 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「サン・タドレスの黒い貨物船」 1948-52 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「ヘンリーのレガッタと旗」 1935-52 | 89x117 cm | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「クロード・ドビュッシー礼賛」 1952 | 59 x 72 cm | ニース美術館

デュフィ 「クロード・ドビュッシー礼賛」 1952 | マルロー美術館、ル・アーヴル、フランス

デュフィ 「ゲルマ小路のアトリエ」 1935-52 | 89x117 cm | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「音楽とピンクのヴァイオリン」 1952 | ワシントン・ナショナル・ギャラリー

デュフィ 「バイオリンと静物、バッハ礼賛」 1952 | 81 x 100 cm | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ
  

デュフィ 「黒い貨物船、ビーチで泳ぐ人とテント」 1948-53 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「黒い貨物船と旗」 1948-53 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「黒い貨物船」 1948-53 | 国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、パリ

デュフィ 「アイリスとポピーの花束」 1953 |パリ市立近代美術館

デュフィ 「素朴な花束」 1953 |パリ市立近代美術館

美術館リンク (作品の画像を見ることができます)
テイト・ギャラリー  ロンドン
シカゴ美術館
エルミタージュ美術館  ロシア
パリ市立近代美術館  (電気の精)
フィラデルフィア美術館
ベルギー王立美術館
ダラス美術館  テキサス
サンフランシスコ美術館
ロンドン王宮コレクション 
ニュー・サウス・ウェールズ美術館  シドニー  オーストラリア
コートールド美術研究所  ロンドン
E.G. Buhrle Collection  チューリッヒ  スイス
Fondation Bemberg Museum  トゥルーズ フランス
Fred Jones Jr. Museum of Art    オクラホマ大学
Fred Jones Jr. Museum of Art    オクラホマ大学
インディア大学付属美術館  インディアナ
インディアナポリス美術館  インディアナ



ポスターはこちら




20世紀絵画へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学