カラヴァッジョ Caravaggio

カラヴァッジオ 「メデューサの首」 1598-99  Oil on canvas mounted on wood, 60 x 55 cm  フィレンツェ、ウフィツィ美術館



カラヴァッジオ 「メデューサの首」 1598-99  Oil on canvas mounted on wood, 60 x 55 cm  フィレンツェ、ウフィツィ美術館

主題解説:ギリシャ神話へ行く


ペルセウスとメドゥサ


ペルセウスは、セリポス島のポリュデクテス王に育てられた。しかし、王は、ペルセウスが成人すると、邪魔になり、彼を殺そうと企んだ。

ペルセウスに、その国を荒らしていた怪物メドゥサを退治しにやらせたのである。

メドゥサは、ゴルゴンの三姉妹の一人で、もとは美しい乙女であった。しかし、アテナとその美しさを争ったため、髪はひしめく蛇に変えられ、美も奪われ、怪物にされてしまったのである。

メドゥサを一目見たものは、皆、石になってしまうのである。

ペルセウスはそんな恐ろしいメドゥサを退治するために、思案した。

幸い、ペルセウスはアテナヘルメスに可愛がられていた。

アテナは楯を貸してくれた。そして、ペルセウスに警告した。メドゥサを見るとき、楯に写る姿だけを見るようにと。

ヘルメスは翼のついた靴を貸してくれた。そしてもう一つ貸してくれたのは、金の新月刀であった。これは、世界でただ一つ、メドゥサの首を切ることができる鋭利な刀である。

ヘルメスは、ペルセウスに、あと二つのものが必要だ、と告げた。その二つのものは、かつて、西方の国のニンフに、ヘルメスが与えた贈り物である。

さらに、ニンフたちの住家は、グライアイと呼ばれる三人の老女だけが知っているので、彼女らから、ニンフの住家を聞かなくてはならない。

ペルセウスは翼の靴を履き、老女グライアイのところまで、飛んでいった。彼女たちは、三人なのに、一つの目と一つの歯しか持たず、それらを、交代で使っていた。

ペルセウスは、グライアイたちから、ニンフたちは黄昏の娘たちの園(ヘスペリデス)に住んでいることを聞き出した。そこにはヘラの黄金のりんごの木があり、アトラスがそのへりを持ち上げている。

もう何世紀も新しい客に会っていなかったニンフたちは、ペルセウスを喜んで迎え入れた。そして、ヘルメスが残していった贈り物を与えた。

ひとつは、隠れ兜といい、かぶると人間の周りを闇が包み、見えなくしてしまうものである。もう一つはキビシスという袋である。この魔法の袋だけが、メドゥサの毒に耐えられるのである。

ペルセウスは、メドゥサに睨みつけられると石になってしまうので、メドゥサが眠っている間に、近づき、首を落とした。

そのとき、飛び散るメドゥサの血から、生まれ出たのが、天馬ペガソスである。


ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学