Arts at Dorian   主題解説
ソロモン ⇒ シバの女王 ⇒ トビトとトビアス ⇒ エステル ⇒ ヨブ ⇒ ユディト
エステル
エステル書
ペルシャの王クセルクセス王の妻となったユダヤ人の娘エステルの話。

当時ペルシアの国はギリシャのアテネにまで侵攻するような勢いで栄えていた。

捕囚の子、エステルは孤児となり、年の入った、いとこのモデルカイに育てられた。モデルカイもペルシャのユダヤ人捕囚であった。

クセルクセス王は新しい妻を探していた。多くの美女たちが彼のハーレムへ連れて行かれた。その中にエステルがいた。一年間の身体の磨きと美容の期間が終わると、王はエステルを選んだ。エステルは新しい王妃となった。

エステルが王妃になると、養父モデルカイはエステルに連絡をとり、忠告をした。絶対に、ユダヤ人であることを言ってはならない、と。

養父モデルカイはある日、王宮の門でうろうろしていると、王暗殺の計画を耳にした。モデルカイはエステルにそれを伝え、エステルはそれを王に伝え、命を救った。

ある日、大臣ハマンが王に会うため王宮の門に来ると、そこに集まっていたものは皆、彼に頭を下げた。しかし、モデルカイだけは頭を下げなかった。大臣ハマンはこれを怒り、モデルカイだけではなく、ペルシャにいる全てのユダヤ人を殺そうと企んだ。

エステルはそモデルカイの窮状を聞き、王をハーレムに招き、宴会を催した。その席で、エステルは自分がユダヤ人であることを告白し、大臣ハマンの企てを明かし、ユダヤ人の窮状を訴えた。

王は大臣ハマンに死刑を言い渡した。大臣ハマンはモデルカイを吊るそうと自分で立てた絞首台に吊るされた。

この出来事は、ペルシャのユダヤ人を救った日として、「プリムの祭」が行われるようになった。

カヴァリーノ
cava.jpg (46392 バイト)
1645-50
Oil on canvas, 75 x 102 cm、Galleria degli Uffizi, Florence


ヘルデル
geld.jpg (58059 バイト)
1685
Oil on canvas, 93 x 148,5 cm、Museum of Fine Arts, Budapest


ヘルデル
geld2.jpg (37110 バイト)
1684
Oil on canvas、Alte Pinakothek, Munich


ミケランジェロ
mich.jpg (47150 バイト)
1511
Fresco, 585 x 985 cm、Cappella Sistina, Vatican


ミケランジェロ
mich2.jpg (48978 バイト)
1511
Fresco, width of detail 324 cm、Cappella Sistina, Vatican


フィリッピーノ・リッピ
lippi.jpg (28344 バイト)
Tempera on panel. Louvre, Paris, France.

参考文献 『新約聖書』 (日本聖書協会)
『西洋絵画の主題物語 T聖書編』 諸川春樹 著 (美術出版社)
『ヨーロッパ美術を読む旅 新約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『ヨーロッパ美術を読む旅 旧約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『西洋美術の主題と物語』 三輪福松 著 (朝日選書)

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学