Arts at Dorian   主題解説
ダビデ ⇒ ダビデとゴリアテ ⇒ 王ダビデ ⇒ バテシバ
バテシバ
賢王ダビデのただ一つの罪の話である。

ダビデは多くの妻をめとった。その中にバテシバがいる。

バテシバは人妻であった。ダビデはたまたま彼女の入浴を見て、一目ぼれしてしまった。

ダビデは彼女の夫を殺し、バテシバを妻にした。神の怒りにふれたダビデは、息子を次々と失った。

しかし、バテシバとの間に生まれた第ニ子ソロモンは王の後を継いだ。

レンブラント
remb.jpg (48235 バイト)
1654
Oil on canvas, 142 x 142 cm
Musee du Louvre, Paris


RICCI, Sebastiano
ricci.jpg (47019 バイト)
1720s
Oil on canvas, 118,5 x 199 cm
Museum of Fine Arts, Budapest


RICCI, Sebastiano
ricci2.jpg (49319 バイト)
c. 1725
Oil on canvas
Gemaldegalerie, Berlin


SALVIATI
salv.jpg (49593 バイト)
1552-54
Fresco
Palazzo Sacchetti, Rome

クラーナハ 
cran.jpg (36163 バイト) 1526. Oil on wood. Staatliche Museen zu Berlin, Gemaldegalerie, Berlin, Germany


リュベンス
rube.jpg (25097 バイト)

c.1635. Oil on wood. The Dresden Gallery, Dresden, Germany.

Karl Brulloff
briu.jpg (45946 バイト) 1832. Unfinished. Oil on canvas. The Tretyakov Gallery, Moscow, Russia

参考文献 『新約聖書』 (日本聖書協会)
『西洋絵画の主題物語 T聖書編』 諸川春樹 著 (美術出版社)
『ヨーロッパ美術を読む旅 新約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『ヨーロッパ美術を読む旅 旧約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『西洋美術の主題と物語』 三輪福松 著 (朝日選書)

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学