Arts at Dorian   主題解説
サムソン ⇒ サムソンとデリラ ⇒ ルツの落穂拾い
ルツ
士師の時代。ベツレヘムで飢饉があった。エリクメルと妻ナオミは、ヨルダン川の東、モアブの野に逃れた。

息子がモアブの女を嫁にした。ルツである。

しかし、エリクメルも息子も死んでしまい、嫁のルツと姑のナオミが残った。ナオミは国に帰ろうとしたとき、ルツを実家に返そうと思ったが、ルツはナオミに着いて行った。

ベツレヘムへ帰ったのは大麦の刈入れの時期であった。

イスラエルの律法には、「落穂は貧しい人のために残しておき、畑主が拾い集めてはいけない」とある。

ルツはボアズの畑に行き、落穂を拾わせてもらい、姑ナオミの面倒を見た。

畑主のボアズは、ルツのそうした姿を見て心を打たれ、ルツと結婚した。

ルツとボアズの子がオベドといい、その子がエッサイで、エッサイの子がダビデである。

プッサン


1660-64

oil on canvas

ルーブル美術館

Julius  Schnorr von Carolsfeld


1828

oil on canvas,  59x70cm

National Gallery , London

アイエツ


1835

oil in canvas,

Collezione di Bologna

ミレー


1850-53

oil on canvas,  6704x119.8cm

Museum of Fine Arts,  Boston

参考文献 『新約聖書』 (日本聖書協会)
『西洋絵画の主題物語 T聖書編』 諸川春樹 著 (美術出版社)
『ヨーロッパ美術を読む旅 新約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『ヨーロッパ美術を読む旅 旧約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『西洋美術の主題と物語』 三輪福松 著 (朝日選書)

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学