Arts at Dorian   主題解説
モーセ燃える柴過越しの日紅海渡渉マナの収集モーセの泉十戒を授かるアロンと黄金の牛青銅の蛇エリコの陥落モーセの像
紅海渡渉
出エジプトの始まりである。

ファラオはイスラエル人を自由にしたはずなのに、なおも軍勢をかけてくる。

紅海手前に来てしまった。モーセは神に嘆願し、神の意志で紅海が開いた。

イスラエル人の一行が(といっても六十万人ともいわれる)紅海を渡り終えると、それをおっていたエジプト軍は紅海の水に飲み込まれてしまった。

コジモ・ロッセリ
紅海渡渉 1481-82、350 x 572 , システーナ礼拝堂、ヴァチカン

参考文献 『新約聖書』 (日本聖書協会)
『西洋絵画の主題物語 T聖書編』 諸川春樹 著 (美術出版社)
『ヨーロッパ美術を読む旅 新約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『ヨーロッパ美術を読む旅 旧約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『西洋美術の主題と物語』 三輪福松 著 (朝日選書)

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学