ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史年表       絵画史別 画家インディックスはこちら
Arts at Dorian   主題解説
キリストの降誕 ⇒ 羊飼いの礼拝 ⇒ 割礼 ⇒ 神殿奉納・シメオン ⇒ 東方三博士の礼拝 ⇒ エジプトへの逃避 ⇒ 幼児虐殺 ⇒ エジプトからの帰国 ⇒ 博士たちと論議するイエス
博士たちの間で論議するイエス
ルカ2

ナザレに住んでからの、その後のイエスについは聖書にくわしくは書かれていない。ただ、12歳になった時の逸話がルカに書かれている。
両親は毎年、過越際(すぎこしさい)にエルサレムへ旅をした。祭りが終わって帰路についたとき、12歳の少年イエスはエルサレムに残っていたが、両親はそれに気づかなかった。
探し回ったが、見つからなかったので、エルサレムに引き返した。三日後、エルサレムの神殿の境内で、少年イエスが学者たちの真中に座り、話を聞いたり質問をしたりしているのを見つけた。周りの者はみな、イエスの賢さに驚いていた。
母はイエスに向かって言った。「なぜこんなことをしてくれたのです。御覧なさい。お父さんもわたしも心配して捜していたのです。」
するとイエスは「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。」と言った。
しかし、両親にはイエスの言葉の意味が分からなかった。
父の家とは神の家、神殿のことで、神の子イエスを強調した物語である。
子供の気持ちが分からない。親の世代の慣習が分からない。親子の断絶、世代間の不和 というテーマが、この物語にはある。

ジョット
1304-06
Fresco, 200 x 185 cm
Cappella Scrovegni (Arena Chapel), Padua

MASTER of the Catholic Kings (active 1485-1500 in Castilia
c. 1495/1497
Oil on panel, 136,2 x 93 cm
National Gallery of Art, Washington

デューラー

1506
Oil on panel
65 x 80 cm
Fundacion Coleccion Thyssen-Bornemisza, Madrid

Mazzolino, Ludovico (Italian, active 1504-1530

1525
Oil on panel
National Gallery, Lon

ヴェロネーゼ
1558
Oil on canvas, 236 x 430 cm
Museo del Prado, Madrid

FRANCKEN, Frans II (b. 1542, Antwerpen, d. 1616, Antwerpen
1587
Oil on wood, 250 x 220 cm (centre panel), 250 x 97 cm (wings)
O.-L. Vrouwekathedraal, Antwerp

参考文献 『新約聖書』 (日本聖書協会)
『西洋絵画の主題物語 T聖書編』 諸川春樹 著 (美術出版社)
『ヨーロッパ美術を読む旅 新約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『ヨーロッパ美術を読む旅 旧約聖書編』 柳澤保雄 著 (トラベルジャーナル)
『西洋美術の主題と物語』 三輪福松 著 (朝日選書)

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学