本文へスキップ
index       |      |      |  ちつ   | なにぬねの
   
         |      | やゆよ |      |  

ジャン・フレデリック・バジル

 フランス 印象派  ( 1841-1870)

グレールのアトリエで、モネやルノワールと一緒だった。普仏戦争で30歳に満たず戦死。もし生きていたら、印象派の重要な画家となったであろう人物。


バジル 『若き庭師』 1866-67 | 127x170cm | ヒューストン美術館
バジル 『若き庭師』 1866-67 | 127x170cm | ヒューストン美術館
バジル 『家族の集い』 1867 | 152 x 232 cm | オルセー美術館
バジル 『家族の集い』 1867 | 152 x 232 cm | オルセー美術館
バジル 『ルノワールの肖像』 1867 | 122 x 107 cm | オルセー美術館
バジル 『夏の光景』 1869 | 158.1 x 158.9 cm | フォッグ美術館、ケンブリッジ(米)
バジル 『夏の光景』 1869 | 158.1 x 158.9 cm | フォッグ美術館、ケンブリッジ(米)
バジル 『化粧』 1870 | 132 x 127 cm | ファーブル美術館、モンペリエ
バジル 『化粧』 1870 | 132 x 127 cm | ファーブル美術館、モンペリエ
バジル 『レーズ川のほとり』 1870 | 137.8 x 202.5 cm| ミネアポリス美術研究所
バジル 『レーズ川のほとり』 1870 | 137.8 x 202.5 cm| ミネアポリス美術研究所
バジル 『コンダミヌ街のアトリエ』 1870 | 98 x 128.5 cm| オルセー美術館
バジル 『コンダミヌ街のアトリエ』 1870 | 98 x 128.5 cm| オルセー美術館
バジル 『黒人女性とシャクヤク』 1870 | 60 x 75cm| ファーブル美術館、モンペリエ
バジル 『黒人女性とシャクヤク』 1870 | 60 x 75cm| ファーブル美術館、モンペリエ

アール・ギャラリ