本文へスキップ
index       |      |      |  ちつ   | なにぬねの
   
         |      | やゆよ |      |  

ゲオルク・バゼリッツ

  ( 1938-)  ドイツ  

1938年、ドレスデン近郊の小さな町、ドイチュバゼリッツに生まれる。
本名はハンス=ゲオルク・ケルン。
東ベルリンの造形工芸大学で絵を学んだ。
1957年、東ベルリンから追放された。
1963年、ベルリンのヴェルナー・ウント・カッツ画廊で最初の個展を開くが、激しい抗議にさらされる。
1965年、フィレンツェでイタリア絵画、特にマニエリスムの画家を研究した。
1966年、ヴォルスムスの近くのオストホーフェンに住む。ここで「さかさま」のイメージを始めて描きだした。
1975年、ニーダーザクセン州、ヒルデスハイムの近くのデルネブルクに移り住む。
1976年、フィレンツェにアトリエを作り、ドイツとイタリアで制作を始める。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。バゼリッツの画像が見られる美術館にリンクしてありますので、ご参照ください。
グッゲンハイム美術館
ニューヨーク近代美術館MoMA
ワシントン・ナショナル・ギャラリー  
月の男-フランツ・プフォル
ハンブルク美術館  ドイツ
ロンドン・テイト・ギャラリー


アール・ギャラリ