本文へスキップ
index       |      |      |  ちつ   | なにぬねの
   
         |      | やゆよ |      |  

バルテュス

  ( 1908-2001)  フランス

ポーランド系フランス人。1908年パリで生まれた。本名バルタザール・クロソウスキー・ド・ローラ。父親は美術史家。パリの家には作家リルケ、ジード、ジャン・コクトーなどがいた。一家はトクトーの『恐るべき子供たち』のモデルになったと言われている。

1933年パリにアトリエを持つ。
1944年『ギターのレッスン』がパリの美術界に衝撃を与えた。レスビアン・エロティシズムが主題の絵だ。
1940年、ドイツ軍のフランス侵攻で、スイスのジュネーヴに移る。
ここでアンドレ・マルローと出会った。
1961から77年まで、マルローはバルテュスをフランス文化相としてローマのフランス・アカデミーの館長に任命した。
長いイタリア生活の後、スイスのロシエールに住んだ。


具象画家。ドラン、ボナールなどの新古典主義的な絵画に影響を受ける。。



残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。

美術館リンク
ニューヨーク近代美術館 MoMA
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
サンフランシスコ美術館
スコットランド国立美術館  エジンバラ  イギリス
ハーシュホーン美術館  ワシントンD.C.
インディアナ大学付属美術館
フィラデルフィア美術館  
ロンドン・テイト・ギャラリー
ティッセン=ボルネミザ美術館  マドリッド  スペイン




アール・ギャラリ