本文へスキップ
index       |      |      |  ちつ   | なにぬねの
   
         |      | やゆよ |      |  

ジョゼフ・アルバース

(1888-1976)  ドイツ・アメリカ デザイナー  ミニマリズム

オプ・アートの先駆け。ミニマリズム(1960年代)。
デ・ステイルの影響を受け、バウハウスで学び、教えていた。ここで、カンディンスキー、パウル・クレー、ミース・ファン・デル・ローエなどに出会う。
ナチによる前衛美術の弾圧のため、1933年渡米。 
アメリカではブラック・マウンテン・カレッジなどで教えていた。
家具、ガラスのデザイン。写真も手掛けた。
著書に「色彩の相互作用」(1963)がある。



美術館リンク (作品を参照できます)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
サンフランシスコ美術館
グッゲンハイム美術館 ニューヨーク
ニューヨーク近代美術館 MoMA  
テイト・ギャラリー  ロンドン
サンフランシスコ近代美術館
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
ボストン美術館
オーストラリア国立美術館  キャンベラ
カナダ国立美術館 オタワ
ベルギー王立美術館
ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
スミソニアン美術館  ワシントンD.C.





ポスターはこちら








ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学

アール・ギャラリ